新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

長野県や埼玉県で豚コレラ、300頭以上を殺処分 関東地方では初の確認!拡大が止まらず・・・

*養豚場9月13日に埼玉県で豚コレラの感染が確認されました。
豚コレラが発生したのは山梨県に出荷した37頭のうち4頭で、感染が確認された養豚場では繁殖豚と肥育豚の計678頭を全頭殺処分。16日までに埋却や汚染物処理などを終える方針で、これから詳しい感染経路などを調査するとしています。

豚コレラは2018年9月に岐阜県で確認されてから拡大しており、近畿や東海などを中心に13万頭以上が殺処分となりました。埼玉県に続いて長野県でも豚コレラが確認されていることから、感染がジワジワと東に拡大していると言えるでしょう。
関東地方でも豚コレラが確認されたことに政府も驚いている状態で、感染拡大防止策を強化するとしています。

 

埼玉で豚コレラ確認 秩父の養豚場、感染経路は不明
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49796730T10C19A9CZ8000/

埼玉県は13日、秩父市内の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。山梨県に出荷された豚に異常があり、国の遺伝子検査で感染が認められたほか、埼玉県が養豚場で実施した検査でも陽性反応が出た。豚コレラは2018年9月以降、12日までに岐阜や愛知など7府県に広がり、関東でも確認された。

埼玉県の豚コレラ
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190913_7.html

令和元年9月13日農林水産省
本日、埼玉県秩父市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認されました。
本病の防疫措置等について万全を期します。
現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることなどから厳に慎むよう御協力をお願いいたします。

1.発生農場の概要
所在地:埼玉県秩父市
飼養状況:678頭

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!