新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪の暑さ対策で人工雪実験、その結果は大失敗に・・・ 「気温変わらない」「滑って転んだ」「びしょ濡れ」


9月13日に東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会が暑さ対策の一環として、カヌーやボート競技が行われる海の森水上競技場(東京臨海部)で観光客に人工雪を降らせる実験をしたところ、大失敗に終わったことが分かりました。

報道記事によると、人工雪実験では氷を砕いて雪として放出する降雪機を使い、トラックの荷台に乗せる形で観光客らの上に雪を降らせたとのことです。結果は暑さで雪が即座に溶け、それを被った観光客らがびしょ濡れになりました。
また、溶けた人工雪によって階段や通路も濡れて、それによって滑る利用者らが続出。

人工雪を楽しんでいる観光客らも居ましたが、当初の目的としていた気温低下は確認されなかったと報じられています。

メディアの取材に組織委の担当者は「暑さ対策でできることはすべて試すということで実験した。空気を冷やす効果より、楽しむイベントとして使えるかもしれない」とコメントしており、空気を冷やす効果は微妙だったと認めていました。

人工雪による暑さ対策は実験前からネット上で批判を受けていましたが、その結果は予想通りだったと言えるでしょう。やはり、経費削減の一環で無くしてしまった屋根を復活させるのが一番良く、場当たり的な対応策では意味が無さそうです。

 

人工雪で灼熱の五輪会場を冷やせ! 300キロ分のかき氷を降らす大実験
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019091302100027.html

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!