新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島原発の汚染水を大阪湾で放出、大阪・松井一郎市長の発言が物議!「処理水は環境に影響ない、ただの水」

*松井一郎
大阪の松井一郎市長の発言が物議を醸しています。
9月17日の記者会見で松井一郎市長は福島第一原発の汚染水問題について、「科学的に安全性が証明されれば大阪湾での放出を受け入れる」と述べ、汚染水を海に放出するべきだと強調。

更に続けて「処理水は海の環境や人体に影響ない、ただの水」というような見解を示し、汚染水放出を批判するほうが間違っているとコメントしていました。

この松井市長の発言は炎上しており、ネット上で賛否両論の議論となっています。東京電力によると、汚染水からは未だにトリチウム以外の放射性物質が多く検出され、処理済みの汚染水からもストロンチウムを含む放射性物質が検出されているとのことです。

何故か松井市長は処理水のことを「ただの水」と断定していますが、その認識は根本的に間違っていると言えるでしょう。

 

原発処理水「大阪湾で受け入れ」大阪・松井市長
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000525-san-soci

 東京電力福島第1原発で増え続ける汚染水浄化後の処理水の放出をめぐり、大阪市の松井一郎市長は17日、科学的に安全性が証明されれば「大阪湾での放出を受け入れる」との考えを示した。市役所で記者団に語った。

処理水は、福島第1原発の敷地内にタンクに入れた状態で保管されているが、3年後には設置スペースがなくなるとされ、原田義昭前環境相が今月10日、「思い切って(海洋に)放出して希釈する他に選択肢はない」と述べていた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!