ヘッドライン

【速報】日米貿易協定に正式署名!政府が閣議決定、アメリカ産牛肉の関税を半分以下 農産物で譲歩 日米FTA

*官邸
本日朝に日本政府とアメリカ政府が日米貿易協定の署名式を行いました。

日米貿易協定(通称:日米FTA)ではアメリカから輸入する牛肉の関税を現在の38.5%から9%に引き下げ、豚肉やワインなど農産物の多くで日本側がアメリカに譲歩。
協定の履行中はアメリカが日本車への追加関税を発動しないとしていますが、日本の経済界が求めていた自動車関税の削減や撤廃について継続協議となっています。

さらには電子取引や金融面でも日米の市場を解放するとしており、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の水準を超えない範囲で自由貿易を強化することで合意となりました。

10月7日に日本政府は閣議決定を行い、日本時間の8日未明にワシントンでトランプ大統領の立ち会いのもと、杉山駐米大使とライトハイザー通商代表によって署名が終わったと報じられています。署名後は国会の承認を得て、協定が発効となる見通しです。

ただ、今回の日米貿易協定を巡っては安倍首相がアメリカに大幅な譲歩をしたと見られ、参議院選挙でその内容が公開されなかったこともあり、野党の猛反発が予想されています。
臨時国会の最重要議題として注目を浴びる可能性が高く、国会承認は波乱の展開となるかもしれません。

 

日米貿易協定を閣議決定 8日未明 正式に署名へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_027

日米の新たな貿易協定は7日午後、持ち回りの閣議で決定されました。協定は日本時間の8日未明にワシントンで正式に署名される予定で、政府は今の国会で承認を得て早期に発効させたい考えです。

持ち回りの閣議で決定された日米貿易協定では日本が牛肉や豚肉などの農産品の市場開放にTPP=環太平洋パートナーシップ協定の水準を超えない範囲で応じるとして、アメリカから輸入する牛肉については現在38.5%の関税が最終的に9%に引き下げられることになります。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    あのISD条項が生きている?!
    絶望的!
    韓国はこれで米国金融機関に莫大な賠償金を支払った。あの韓国ですらそうなんだから、日本政府が戦えるとは思えない。「日本永久占領」にならない道がもしあるなら、誰か教えて!

  • 匿名 より:

    自動車に対する追加関税についてトランプは、後で交渉すると語ってる
    これで大成功とかアホすぎ

  • 匿名 より:

    ハイ!!
    国会が始まるとお決まりの、

    イジメネタ、スポーツネタ、北朝鮮ネタとストックしてある(事件事故、芸能界)も引っ張り出して報道するんだろうな、
    相変わらず忖度は続くよ亡国(日本人)まで、

  • 匿名 より:

    こんな状況でも嬉しそうに笑っている売国奴。
    日本を壊し、売り飛ばす事がそんなに喜ばしい?
    日本国民は騙されるのが・・・ オ・ス・キ (^_-)-☆

  • 匿名 より:

    ---- 引用開始 ----
    YAHOO!JAPANニュース 9/29(日) 14:35 猪瀬聖 | ジャーナリスト
    【EUなぜ米国産牛肉の輸入禁止】
    > 米国産牛肉は、欧州連合(EU)が安全性に問題があるとして輸入を禁止している代物だ。
    > EUは1989年から米国産牛肉の輸入を原則禁止している。
    > 米国の畜産農家が肉牛や乳牛の成長を早めるために人工ホルモン剤を投与している点だ。
    >  だが、このホルモン剤は、女性の乳がんや子宮がん、男性の前立腺がんといったホルモン依存性がんを誘発する発がん性物質の疑いが持たれている。EUが輸入禁止に踏み切ったのは、こうした理由からだ。
    .
     日本でも、ホルモン依存性がんが顕著に増えていることと牛肉の輸入量が伸びていることとの間に、何らかの関係があるのではないかと疑問を持ったがんの専門医らが、10年ほど前に専門的な調査を実施。その結果、米国産牛肉には女性ホルモンの一種であるエストロゲンが和牛に比べて非常に多く含まれていることを確認し、日本癌治療学会で発表している。     ---- 引用終わり ----
    .
    で「死亡率の約半分はガン」というCMがいっぱい。
    これがアベ氏の う・つ・く・し・い・く・に。
    .
    私の幼少期「外国ってアメリカのことやろ?」
    日本の今のマスコミ「グローバル化って米国基準に合わせること」
    ..........下っ端は本気で・上層部は故意犯で。

  • 反グローバリズムなくして反安倍なし より:

    >電子取引や金融面でも市場解放、TPPの水準を超えない範囲で自由貿易強化
     
    「TPPを超えないから良い論」に騙されるな。そもそもTPPが悪だからだ。TPPだけでなく、グローバリズムや自由貿易と言う名の搾取体制を作る方向性自体が悪だ。
    関税を無くせば、国内の弱い産業は海外の強い勢力に潰される。弱い産業を保護する為に関税や様々な制度を作る事が出来なくなる。安倍らは「自由貿易を進める」と言うが、その自由は多国籍企業など経済的強者の自由だ。奴らが「自由に」支配を広げ、「自由に」立場の弱い勢力を搾取できる様にする事だ。一方、経済的強者の横暴に抵抗する自由は奪われる。TPPなどのグローバリズム協定には、関税撤廃だけでなく、投資家が金儲けの邪魔になる制度を訴えて賠償させたり出来る仕組みもある。安倍らは「保護主義はダメ」とか言うが、奴らがしてる事こそ「金持ち保護主義」だ。
    関税を無くせば、企業が人件費が安い国や企業を優遇する国に行きやすくなる。今でもそうだが、それがより酷くなる。
     
    新自由主義、グローバリズムなど、近年格差を広げてる悪政。それらが詰まった物がTPP・日欧EPA・日米FTAといった物だ。グローバル化協定を破棄しろ。自民党の悪政と戦う勢力は、グローバル化協定破棄を強く押し出せ。それなくして悪政打破は出来ないんだから。グローバル化協定破棄を言わない党は野党と名乗るな。与党の補完勢力だと名乗れ。
    勿論、「~が~なら見直す」などではない。グローバル化協定は「完全否定、即時無条件離脱」だ。海外ではTPPに反対っぽい事を言った党が反対票を集めて政権を得たが、結局その党も強欲資本勢力の手先であり、TPPを進めた…という事例がある。それは絶対させてはならない。
    立憲国民維新などは論外。また、自民と同じ資本家勢力の手先である民主系と組んで迷走し、革命闘争も碌にしない共産党もクソ。こいつらは不要。資本主義・新自由主義・グローバル化といった悪政を粉砕する強力闘争勢力が必要だ。

  • 匿名 より:

    痔罠肛迷が売国糞政党なのは今になって始まった訳じゃないけど、ここの人たちって本来対抗馬である筈の野党第一党(笑)に支持が集まらない事に対する危機感が全くないよね。政党は政党で、倒すべき痔肛じゃなく何故かれいわを警戒してるし。
    こういう事書くのはネトウヨなんですよね信者さんワラ

  • 匿名 より:

    こういう時こそ国産牛肉なんかを「買って応援」したいけど、買うお金がない。
    悔しいけれどアメリカ産を買い続けることになるだろう。
    国産は数年に一度のお祝いかな。
     
    自称愛国者の皆さんはたくさん国産牛を買ってあげてくださいね。

  • 匿名 より:

    ISD条項ってえぇ…ちょっと待てよ
    自称保守共のアホウヨ
    お前らが一番ヤバい言ってた条項じゃねぇか
    韓国がこれで金全部取られたんだぞアメリカに
    バッカじゃねぇのマジで

  • 匿名 より:

    10:11 AM
    はぁ?
    自民党・公明党と、総選挙前後に与党に有利になる不自然な合併・分裂を繰り返す野党が敵対してると思ってるの?

    それより7月の総選挙で、全有権者の18.9%しか票を得られなかった与党を気にしたら?

  • 匿名 より:

    >それより7月の総選挙で、全有権者の18.9%しか票を得られなかった与党を気にしたら?
    支持率3パーセント以下の野党がなんだって?( ´艸`)プークスクス

  • 参院埼玉補選、このままでは選択肢なし(怒) より:

    >支持率3パーセント以下の野党がなんだって?( ´艸`)プークスクス
    立憲や国民は自民党のコピーに過ぎないから、支持率低迷で当然。
    自民党のコピーに過ぎない党と組むデタラメ共産党も同様。
     
    <民主系が自民と変わらない事の一例>
    立憲民主党のHPには、「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現、日中韓FTA、RCEP、日 EU経済連携などの経済連携については、保護主義の台頭を食い止めるため、戦略性、情報 公開を前提に、自由貿易を推進する」…と書いてある。
    ⇒思いっきり自民と同じ、グローバリズム推進派。
     
    インチキ野党の支持率が増えるのは、自公支持が増えるも同然の事だから、有ってはならない事。

  • ロハスな人 より:

    2019年10月8日 8:39 AM さん>
    自動車に対する追加関税についてトランプは、後で交渉すると語ってる>
     おっしゃっておられる通り、今回の合意は『あくまで第一段階』で、トランプ大統領によると「かなり近い将来最終的な包括協定にしたい」そうです。
     安倍首相が強調している『自動車に対する成果』も『これからの交渉次第』なのですから、『押し込まれる未来』しか見えません。
     トランプ大統領は『貿易赤字の完全解消』を最終的かつ、絶対目標にしてますから、『為替条項による強烈な円高誘導』が消費増税によってさらに弱った日本経済を直撃したら、えらいことになりそうですが…、
    ◎『 日米貿易交渉 丸呑みさせられた者がうそぶく「ウィンウィン」 
    政治経済2019年9月28日 長周新聞より 』
    ○ 日米貿易交渉で最終合意したことを確認し、安倍首相とトランプ大統領は25日午後(日本時間26日未明)、共同声明に署名した。今回合意した貿易協定は来年11月のアメリカ大統領選挙向けというトランプ側の事情をおし通すために、日本側が全面的に譲歩するものとなった。さらにトランプは今回の貿易協定を「第一段階」とし、「かなり近い将来最終的な包括協定にしたい」と表明し、日米FTA(自由貿易協定)締結へ意気込みを見せた。安倍首相は8月の日米首脳会談では、これとは別枠で日本にとってはまったく必要のない余剰トウモロコシや小麦の大量購入を約束してトランプを大喜びさせた。アメリカの要求を丸呑みするだけの安倍外交の売国ぶりに拍車がかかっている。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next