新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】日米貿易協定に正式署名!政府が閣議決定、アメリカ産牛肉の関税を半分以下 農産物で譲歩 日米FTA

*官邸
本日朝に日本政府とアメリカ政府が日米貿易協定の署名式を行いました。

日米貿易協定(通称:日米FTA)ではアメリカから輸入する牛肉の関税を現在の38.5%から9%に引き下げ、豚肉やワインなど農産物の多くで日本側がアメリカに譲歩。
協定の履行中はアメリカが日本車への追加関税を発動しないとしていますが、日本の経済界が求めていた自動車関税の削減や撤廃について継続協議となっています。

さらには電子取引や金融面でも日米の市場を解放するとしており、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の水準を超えない範囲で自由貿易を強化することで合意となりました。

10月7日に日本政府は閣議決定を行い、日本時間の8日未明にワシントンでトランプ大統領の立ち会いのもと、杉山駐米大使とライトハイザー通商代表によって署名が終わったと報じられています。署名後は国会の承認を得て、協定が発効となる見通しです。

ただ、今回の日米貿易協定を巡っては安倍首相がアメリカに大幅な譲歩をしたと見られ、参議院選挙でその内容が公開されなかったこともあり、野党の猛反発が予想されています。
臨時国会の最重要議題として注目を浴びる可能性が高く、国会承認は波乱の展開となるかもしれません。

 

日米貿易協定を閣議決定 8日未明 正式に署名へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_027

日米の新たな貿易協定は7日午後、持ち回りの閣議で決定されました。協定は日本時間の8日未明にワシントンで正式に署名される予定で、政府は今の国会で承認を得て早期に発効させたい考えです。

持ち回りの閣議で決定された日米貿易協定では日本が牛肉や豚肉などの農産品の市場開放にTPP=環太平洋パートナーシップ協定の水準を超えない範囲で応じるとして、アメリカから輸入する牛肉については現在38.5%の関税が最終的に9%に引き下げられることになります。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!