新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

即位パレードは来月10日に延期へ 天皇陛下も被災地報道を確認、台風被害に心痛める 上皇后さまの行事も中止

10月22日に予定されていた天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」について、政府は11月10日に延期すると正式に表明しました。

当初は予定通りに行う予定でしたが、10月12日に襲来した台風19号の被害を受けて、天皇・皇后両陛下が心を痛め、上皇后さまのお誕生日行事も中止となったことで、政府が中止を決断したと報じられています。
また、関係者の話として、天皇陛下は台風19号の被災地情報を細かく確認しており、増えている犠牲者数に懸念をしていることも分かりました。

「即位礼正殿の儀」や夜に予定されている祝宴「饗宴の儀」については、世界各国から王族や大統領などの要人を招待しているため、予定通り行うとしていますが、この判断は天皇家として国民に寄り添う姿勢を優先した形だと言えるでしょう。

一方で、菅官房長官は延期判断の直前まで「淡々と準備する」と前向きな発言をしていただけに、安倍政権の方は祝賀パレードを予定通りに実施したかったのだと見られています。

 

即位礼正殿の儀など予定通り パレード延期
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191017-00000288-nnn-soci

22日に予定されていた天皇陛下の即位を祝うパレードは、台風19号による甚大な被害を考慮し、来月10日に延期されることになった。
天皇陛下は、22日の午後1時に即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」に臨み、その後、午後3時半に皇居の宮殿から赤坂御所まで即位を国民に披露するパレードを予定されていた。しかし、関係者によると、台風19号による甚大な被害を受けて、即位パレードは来月10日の日曜日に延期するという。

両陛下、台風被害に心痛め=上皇后さま誕生日行事は中止
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101500805&g=soc

宮内庁の西村泰彦次長は15日の定例会見で、天皇、皇后両陛下が台風19号による甚大な被害に心を痛め、犠牲者や遺族、被災者に哀悼とお見舞いの気持ちを持たれていることを明らかにした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!