ヘッドライン

台風21号、非常に強い勢力を維持したまま小笠原諸島に!列島各地で24日以降から大雨の見通し!被災地は警戒を


台風21号が非常に強い勢力を維持したまま小笠原諸島に向けて移動しています。

気象庁によると、10月23日夜の時点で台風21号は最大瞬間風速70メートル、中心気圧940ヘクトパスカルとなっており、そのまま非常に強い勢力で明日には小笠原諸島と接触する見通しです。
台風21号は小笠原諸島を通過した後に北東方向へと向かうことから、日本列島に直撃することは無いと見られています。

ただ、台風21号とは別の巨大な低気圧が発生中で、それと合わさる形で24日夕方ごろから日本列島の広い範囲が大雨となるでしょう。

24日夕方から25日夕方までの24時間に降る雨の量は、関東の多いところで100ミリから150ミリと予想され、台風19号の被災地では普段以上に厳重な警戒が必要です。
西日本なども荒れた天気になる可能性が高く、外出の予定がある方は今後の天気予報に注意してください。

 

気象庁 台風第21号 (ブアローイ)
https://www.jma.go.jp/jp/typh/


令和元年10月23日21時45分 発表
<23日21時の実況>
大きさ –
強さ 非常に強い
存在地域 硫黄島の南東約110km
中心位置 北緯 24度05分(24.1度)
東経 142度00分(142.0度)
進行方向、速さ 北 20km/h(12kt)
中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 50m/s(95kt)
最大瞬間風速 70m/s(135kt)
25m/s以上の暴風域 全域 110km(60NM)
15m/s以上の強風域 北東側 280km(150NM)
南西側 220km(120NM)

台風21号 24日 小笠原諸島接近の見込み 記録的暴風のおそれ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191023/k10012145571000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

非常に強い台風21号は、24日小笠原諸島に接近する見込みで記録的な暴風が吹くおそれがあり、厳重な警戒が必要です。また、台風とは別の低気圧の影響により24日以降、西日本と東日本の各地で、まとまった雨が降る見込みで、気象庁が警戒を呼びかけています。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next