新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

豪雨の交通遮断で生徒1200人が一時帰宅できず 千葉県の各地で孤立報告!ポンプ車での排水作業も難航!


25日の大雨で交通網が遮断され、孤立状態になったとの報告が相次いでいます。
千葉県では5つの河川が氾濫し、茂原市や佐倉市などでは町全域に影響が出るほどの大規模な冠水が発生。電車や道路も遮断状態となり、一時的に千葉県内の小中学校や高校などでは合わせて1200人余りの子どもたちが帰宅できず、学校やホテルで一夜を過ごしました。

現在は自衛隊や消防による復旧作業が行われていますが、あまりにも浸水範囲が広いことから、ポンプ車の排水作業は難航しています。浸水範囲だけならば前回の台風19号よりも酷い状態で、地元住民からも「以前の台風より酷い」「何から手を付けて良いのやら・・・」「もうお手上げ」などと困惑の声が相次いでいました。

 

あふれた川の水 ポンプ車で排出も作業進まず 千葉 佐倉
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191026/k10012151501000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

千葉県佐倉市では、市内を流れる鹿島川の水があふれ、地元の消防団などがポンプ車を使って水を排出する作業にあたっています。
佐倉市の鹿島川沿いでは、25日の大雨で川の水位が上昇して一部であふれ出し、住宅が水につかる被害が出ています。

線路上に流木や冷蔵庫も JR相馬駅が一時水につかる 福島
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191026/k10012151371000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

福島県相馬市のJR相馬駅は大雨で構内が一時水につかり、26日朝、水がひいた線路にはがれきなどが散乱していました。
25日夜、相馬市では小泉川などの水があふれ、広い範囲で浸水被害が出ました。

児童や生徒1200人余りが帰宅できず 千葉
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191026/k10012151301000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

25日の大雨の影響で、千葉県内の小中学校や高校などでは合わせて1200人余りの子どもたちが帰宅できず、学校やホテルで一夜を過ごしました。
千葉県などのまとめによりますと、26日午前6時現在、県内の公立学校では、大雨の影響で交通手段が確保できないなどの理由で、32の小中学校と高校、それに特別支援学校で、児童・生徒合わせて834人が自宅に帰れず、学校やホテルで一夜を過ごしたということです。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!