新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国民祭典でのエンドレス万歳、仕組んだのは保守系グループ?運営に日本会議の関係者 運営は否定するも・・・


11月9日に行われた天皇陛下の即位を祝う国民祭典で、「万歳」が延々と流れていた問題が波紋を広げています。

問題となっているのは主催の伊吹文明会長が万歳三唱を終えた直後に、別の男性の声で万歳を呼び掛ける声が連続で流れた場面です。延々と続く万歳三唱に国民からも困惑の声が相次ぎ、映像を確認してみると、司会や伊吹会長も困惑した感じで周囲を見渡していた様子が映っています。

伊吹会長の万歳三唱が終わった後に司会は、「ありがとうございました。聖寿万歳を 伊吹文明 奉祝国会議員連盟会長より申し上げました」とアナウンスしており、流れ的にも不自然な万歳三唱でした。

この万歳を呼び掛けた声の主は不明ですが、運営の天皇陛下御即位奉祝委員会・広報事務局の担当者は「予定通りに行われたものです」とコメントし、予定通りの呼び掛けだったとしています。

ただ、運営の中には保守系団体「日本会議」の幹部クラスのメンバーも見られ、ネット上では「保守派の暴走では」と指摘する声が相次いでいるところです。過去の公的な行事でもここまで万歳三唱を連続で運営が呼び掛けた例はほぼ見られず、依然として違和感は拭えないと言えます。

 

国会議員連盟 – 天皇陛下御即位奉祝委員会
https://www.houshuku.org/renmei/

祝賀式典、なかなか終わらない「万歳三唱」いったい誰が? 運営側が明かす真相
https://www.j-cast.com/2019/11/09372229.html?p=all

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!