新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

加計学園問題、県が「無い」と説明していた文書が発見される!学園側が官邸と内閣府を訪問


愛媛県の今治市に建設された加計学園に関して、新たな重要資料が発見されました。

NHKの記事によると、愛媛県側が今まで「無い」と説明していた獣医学部新設に関連する文書が発見され、その中には学園の関係者が国家戦略特区に提案する2か月前の平成27年4月2日に、官邸と内閣府を訪問した記述があったとのことです。

この文書は国家戦略特区の説明資料として愛媛県が内閣府や文部科学省、農林水産省に配布し、そこから発見されたと見られています。市民団体からも情報開示請求で要望があった資料ですが、その時は「存在しない」と行政側は回答していました。

また、安倍政権側も首相官邸での交流について「記憶に無い」などと答弁しており、曖昧なコメントで誤魔化しています。

加計学園問題の資料を政府が組織ぐるみで隠蔽していた疑惑が高まったと言え、今後の政府対応と資料内容に注目したいところです。

 

加計学園問題「ないと説明の文書 残されていた」愛媛県調査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180409/k10011396771000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

公文書の管理の在り方が問題となる中、愛媛県がこれまでないと説明してきた学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関連する文書が残されていることがわかったとして、県は詳しい事実関係について調査していることがわかりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!