ヘッドライン

【地震多発】茨城M4.5、東海道南方沖M4.9、サハリン近海でもM6.2 次の大地震がスタンバイ状態に?

*高感度地震観測網
各地で地震が多発しています。
11月17日に関東地方南部沖の伊豆大島近海でマグニチュード4.9、11月20日に北海道北部のサハリン近海でマグニチュード6.2、さらには本日(22日)5時23分ごろにも茨城県南部でマグニチュード4.5の地震を観測しました。
この地震の前後には東京湾でマグニチュード3.0、東海道南方沖でもマグニチュード4.9の地震が起きています。

いずれも震度5を超えるような揺れは捉えていませんが、地震としてのエネルギー量はかなり大きいです。特にあまり地震が観測されないエリアで強めの地震が増えていることが気掛かりで、次の大地震に向けて地殻変動が強まっていると見ることも出来るかもしれません。

事実、地震以外の地殻変動も増加している傾向が見られ、九州地方だと活火山の噴火や火山性地震が相次いで観測されていました。

ここ数ヶ月ほどは大きな地震があまり起きていないだけに、ジワジワと地震や噴火が増えてきたのはかなり不気味だと言えるでしょう。大地震というのは何時来ても不思議ではなく、常日頃からシッカリと備えだけしておくと良いです。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

リアルタイム世界地震地図
http://ds.iris.edu/sm2/

アメリカ地質調査所
https://earthquake.usgs.gov/

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next