新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【イギリス総選挙】ジョンソン首相が勝利宣言!来月にはEU離脱へ 保守党は350議席(46増)、労働党は202議席 


イギリス総選挙でジョンソン首相が勝利宣言を出しました。

BBCによると、イギリス総選挙の結果は与党・保守党が歴史的な大勝利となり、46議席を増やして350議席を獲得、逆に最大野党の労働党は議席が58減で202議席となっています。
また、スコットランド国民党(SNP)も13議席増やして46議席に跳躍していました。

ジョンソン首相は記者会見で「我々の『ひとつの国』保守政権は今夜、ブレグジット実現へ強力な信任を得たようだ」と述べ、来月1月にも正式なEU離脱を行うと表明。イギリスの民意としてEU離脱の方針が示されたとして、引き続きEU離脱の手続きを進めるとしています。

イギリスでは今まで与党が過半数割れの状態だったことから、EU離脱の手続きが難航し、何度もEU離脱案が否決されていました。これからEU離脱が具体的に動き出すことになり、世界にも様々な影響を及ぼすことになるでしょう。
*保守党が今回の選挙で獲得した議席は過去最多で、労働党の減少幅も史上最低

 

【英総選挙2019】 与党が過半数獲得 ブレグジットへの「新たな信任」と首相
https://www.bbc.com/japanese/50766470

イギリス総選挙の投票が12日午後10時(日本時間13日午前7時)に投票が締め切られ、与党・保守党が下院(定数650)で過半数議席を獲得した。来年1月31日までのブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)を目指すボリス・ジョンソン英首相は、「我々の『ひとつの国』保守政権は今夜、ブレグジット実現へ強力な信任を得たようだ」と述べた。保守党にとって1987年以来の大勝となった。

 


●管理人コメント
流れ的に日本の民主党政権から自民党政権への政権交代と似た感じです。

ジョンソン首相は反グローバリゼーションだと思われていますが、それは間違っており、彼はパフォーマンス能力が秀でている政治屋だと言えます。過去に何度も公約や規則を翻したことがあるわけで、本当に発言通りの行動をするのかはまだ疑問があるところです。

流石にEU離脱は来月に間違いなくやると思いますが、その後の展開は混迷と混乱の時代が待っています。移民を排除してもイギリスの格差問題や貧困は無くならず、EU離脱によってイギリス経済は今よりも確実に貧しくなるでしょう。

かつての安倍政権もTPP反対など掲げて2012年の総選挙で大勝していますし、決められない議会のゴタゴタで労働党が支持を失った背景を含めて、ここからイギリス版安倍政権が始まるのかもしれません。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!