新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【アウト】自民党・河井克行前法相の妻、案里議員側が運動員に86万円!取材で証言も 公選法違反に接触の恐れ


自民党の河井克行前法相と、妻の案里参院議員が2019年7月の参議院選挙で運動員に多額の報酬を支払っていたと指摘されている問題で、実際に当事者だった男性会社員が金銭の受け取りを認める発言をしました。

共同通信社によると、この男性会社員は陣営の一員として選挙運動に関わり、約86万円の報酬を克行氏から直接受け取っていたとのことです。男性のコメントとして、「選挙前、克行氏から直接、支払いの申し込みがあった。選挙中に支持固めをしたことに対する支払いだと思っていた」と掲載され、これが事実だとすれば公職選挙法違反に触れる可能性が高いと見られています。

一方で、河井克行議員を重要な閣僚として任命した安倍首相からは具体的な説明が無く、役職の辞任から大きな動きはないです。河井法相の辞任時に安倍首相は「説明責任を果たす」などとコメントしていましたが、納得のできる説明はまだありません。

 

河井案里議員側から86万円 運動員が受領証言、公選法違反も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000006-kyodonews-soci

 自民党の河井克行前法相の妻、案里参院議員=広島選挙区=が初当選した7月の参院選で、案里氏が支部長の同党支部が、陣営の一員として選挙運動をした男性会社員に約86万円を支払っていたことが28日、分かった。男性が共同通信の取材に証言した。公選法で報酬が認められていない運動に従事しており、支払いは同法違反(買収)に当たる可能性が高い。
男性は「選挙前、克行氏から直接、支払いの申し込みがあった。選挙中に支持固めをしたことに対する支払いだと思っていた」としている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!