新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

2019年最後の日経平均株価、2万3656円で終了に!29年ぶりの高値更新!米国の上昇に連れ高?国内消費は低迷


2019年最後の日経平均株価は2万3656円62銭となりました。
令和初の大納会となった12月30日の株式市場は米中貿易戦争の沈静化などから堅調な相場が続き、最終的には去年の同じ月と比べて3641円上昇。2万3600円を超えるのは平成2年以来で、29年ぶりの高値更新で終了しました。

ただ、今年の日本経済を振り返ってみると、消費増税で国内消費は東日本大震災以来の落ち込みを記録し、現在進行系で商店街の売り上げが低迷しています。企業の設備投資も低い水準が続き、こちらも勢いはほぼ無かったです。
輸出関連も一部の企業を除いて、全体的には好調とは言えず、国民からは29年ぶりの高値更新に疑問を投げ掛ける声が相次いでいます。

株価上昇の要因は日本というよりもアメリカが過去最高値を更新した影響のほうが大きいと見られ、アメリカに合わせて日本の株価も連れ高になった印象が強いです。ずっと続いていた米中貿易戦争に緩和の気配があることも大きく、日本経済の良し悪しで上がったわけではないと言えるでしょう。

来年の株式市場は東京オリンピックが控えていることから、夏頃までは五輪期待で上がるかもしれません。その一方で消費増税を始めとする経済問題が山積みになっているため、何らかのキッカケで暴落が起きる可能性もありそうです。
いわゆる買われ過ぎの水準に到達しているので、日経平均株価が来年もこのまま上昇を続けるとは考え難いと思われます。

↓今年の株価

 

29年ぶりの高値 株式市場は安泰か? ~令和元年の東証大納会~
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012232461000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

平成から令和に時代が変わった2019年の12月30日、東京証券取引所で、ことし最後の取り引きが行われ、日経平均株価は年間の終値として平成2年以来、29年ぶりの高い水準をつけました。しかし、証券市場は高値に沸いたわけではありません。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!