新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

カルロス・ゴーン被告の出国、日本側は把握せず!弁護士「寝耳に水」検察&外務省「把握してない」日産「驚いた」

*カルロス・ゴーン
日産の元会長であるカルロス・ゴーン被告がレバノンに出国した騒動で、日本側の関係者や機関は誰も把握していないことが分かりました。

NHKによると、今回の出国について外務省幹部は「ゴーン被告の出国が事実であれば、保釈中の逃亡にあたるのではないか。その場合、レバノン政府に対して、ゴーン被告の身柄がどうなっているのか、外交ルートを通じて確認するなど、詳細な情報収集を進めることになる」と述べ、レバノン政府に外交ルートを通して確認する方向で動いているとのことです。
カルロス・ゴーン被告の弁護を担当していた弘中惇一郎弁護士も取材に応じて、「報道されている以上のことは知らず、寝耳に水という状況でとてもびっくりしている。今後、情報が入れば裁判所に提供していきたい」とコメント。

他にも検察幹部や法務省幹部も「把握していない。事実関係を確認している」と話しており、日本の機関は何処も情報を把握していなかったことが浮き彫りになりました。

タイミング的にカルロス・ゴーン被告は大晦日の人手不足を狙って出国した可能性があると言え、日本側の管理体制を含めて色々と物議を醸しているところです。

 

ゴーン被告の弁護士が取材に応じる「寝耳に水でびっくり」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191231/k10012232901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

ことし4月に保釈された日産自動車の元会長のカルロス・ゴーン被告が中東のレバノンに出国したとする声明を発表したことについて元会長の弁護を担当する弘中惇一郎弁護士が報道陣の取材に応じ「報道されている以上のことは知らず、寝耳に水という状況でとてもびっくりしている。今後、情報が入れば裁判所に提供していきたい」と述べました。

ゴーン被告 出国か “レバノン到着”報道 保釈条件は渡航禁止
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191231/k10012232681000.html

弁護団「何も知らない」
ゴーン元会長の弁護団の1人はNHKの取材に対し、「何も知らない。これから確認する」と述べました。
政府関係者「レバノン政府に協力要請も」
政府関係者は、31日午前、NHKの取材に対し、「ゴーン被告の出国が事実であれば、日本国内の司法手続きが適正に進むよう、外交ルートを通じて、レバノン政府に協力を要請することもあり得る」と述べました。
検察幹部「把握していない」
複数の検察幹部はNHKの取材に対し「把握していない。事実関係を確認している」と話しています。
法務省幹部「確認中」
複数の法務省幹部は、NHKの取材に対し「現在、確認している」と話しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!