新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型肺炎の患者確認、成田空港の検疫所が警戒強化へ!国も対策会議 「発熱やせきは申し出て」


中国で問題となっている新型コロナウイルスによる肺炎の患者が日本でも初めて確認された件で、成田空港が検疫所の体制を強化すると発表しました。

NHKによると、成田空港は体の表面の温度を示すサーモグラフィーによる確認を入国するすべての人を対象に実施し、特に中国経緯の利用者を中心にして警戒を強化するとのことです。
新型肺炎の初期症状である発熱やせきがある場合は申し出るように呼びかけており、政府も緊急の対策会議を開いて今後の対応を議論しています。

この新型コロナウイルスは中国湖北省武漢市で確認され、そこから日本に帰国した神奈川県在住の男性からもウイルスが検出されました。帰国したのは今月6日で、1月10日に入院して、1月15日に退院したと報じられています。

過去の凶悪な新型ウイルスよりも致死性が低いと見られていますが、感染力が非常に強く、このまま各地に感染が広がってしまうことを懸念する声が相次いでいるところです。
特に感染を止めるための特効薬(ワクチン)が存在していない点が問題で、ワクチンの開発が終わるまで各国の水際対策が重要になるでしょう。
中国の旧正月シーズンとも被ることから、これからの感染状況に注目したいところです。

 

肺炎 専門家「過度に恐れる必要ないが今後の動向に注意を」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012247581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

中国の湖北省武漢で新型コロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、国内でも初めて感染者が確認されました。感染症に詳しい専門家に聞きました。

成田空港検疫所「発熱やせきは申し出て」水際での対策強化
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012247611000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009

中国の湖北省武漢に渡航していた男性から新型のコロナウイルスが検出されたことを受けて、成田空港の検疫所は水際での対策を強化しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!