新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナの男性が勤務した病院、他にも複数の肺炎報告!東京・千葉・和歌山で感染者!水際防衛は失敗状態に

和歌山県湯浅町の病院に勤務している男性医師が新型コロナウイルスに感染していた問題で、この病院に勤務している複数の関係者から肺炎の報告があることが分かりました。

NHKの記事によると、この病院は済生会有田病院で、新型コロナウイルスの陽性反応が出た男性医師とは別に、計3人が肺炎などの症状を訴えているとのことです。この内の1人は症状が重く、現在は別の病院で詳しい検査を受けています。

2月13日は東京都のタクシー運転手、千葉県の20代男性と全国各地から観戦報告が相次ぎ、その多くは感染経路が不明となっていました。
専門家の押谷仁・東北大教授もメディア取材に応じて、「国内でも感染経路が追えない『見えない感染』が広がっていたことが明確になった」と述べ、国内の完成が新たな段階に突入した可能性が高いと言及しています。

ここまで新型コロナウイルスの感染が広範囲で確認されてしまうと、日本国内での本格的な流行が始まってしまったと考えることしか出来ないです。
水際対策は完全に失敗したと言え、これからは国内で急増する患者に備えて、医療体制の準備や個人レベルの対策を徹底するしかありません。

 

新型ウイルス 和歌山県内 50代医師の感染確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012284301000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

済生会有田病院では、同僚の男性医師とこの病院に受診歴のある男性2人のあわせて3人が肺炎などの症状を訴えていて、県が感染していないか、検査しています。このうち高齢の男性1人は症状が重く、現在、別の病院に入院中だということです。
県は医師の勤務先の済生会有田病院について、新規の患者の受け入れは行わず、すでに入院している患者は全員検査を行ったうえで病院内にとどまってもらうとしています。

「見えない感染、国内でも」 和歌山の医師、ルート不明
https://news.livedoor.com/article/detail/17813444/

 これまでは、武漢市のある湖北省からの渡航者やその接触者を中心にウイルス検査が行われてきたが、「頭を切り替えるフェーズ(局面)になった」。
すでにこれらの地域から渡航はできなくなっている。「これからは、ウイルス性肺炎が複数発症しているといった兆候を素早く見つけ、新型コロナウイルスへの感染について地域に注意を促すことで、感染拡大のスピードを抑えていくことも必要だ」と話す。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!