新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【朗報】伊方原子力発電所3号機、広島高裁が運転認めず!仮処分決定 地裁の判決から逆転!


愛媛県の伊方原子力発電所3号機について、広島高等裁判所が運転を認めない仮処分の決定を出しました。
去年3月に山口地方裁判所岩国支部が住民側の申し立てを退けていましたが、それを広島高裁が認めた形です。

広島高裁は住民側が指摘していた噴火や地震のリスクを認め、今後の司法手続きで覆らない限り、伊方原発の再稼働は出来なくなります。
伊方原発3号機は5年前に新たな規制基準の審査に合格しており、再稼働に向けて定期検査を行っているところでした。

原子力発電所の再稼働を巡っては全国各地で反発している住民からの申し立てなどが相次ぎ、各地で議論となっています。争点となっているのは原発の安全対策と災害リスクで、近年は大地震や台風の増加から、裁判所も反対派の言い分を聞き入れることが増えてきたとも言われていました。

 

伊方原発3号機 運転認めない仮処分決定 広島高裁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200117/k10012249231000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について広島高等裁判所は運転を認めない仮処分の決定を出しました。現在は定期検査のため停止中ですが、検査が終了する4月以降も運転できない状態が続く見通しになりました。伊方原発3号機が司法判断で運転できなくなるのは平成29年以来、2度目です。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!