新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【大問題】伊方原発で一時的に全電源喪失、放射能漏れは無し 原因は不明 先週も制御棒の事故

*伊方原発
愛媛県の伊方原子力発電所でまたトラブルが発生しました

四国電力によると、1月25日15時44分頃に伊方原子力発電所の電力を遮断する装置が作動し、1号機と2号機で数秒、3号機では約10秒ほどで電源が失われたとのことです。
その後は非常電源から電力供給を再開し、現在は定期検査を止めて、詳しい原因の調査を行っています。

外部への放射能漏れはなく、けが人なども発生していないと発表されていました。

伊方原発では先週も制御棒を誤って抜くなどのトラブルがあり、問題視されたばかりです。古い伊方原発に限界が来ているとの声も聞こえ、伊方原発の再稼働が危険であることを改めて証明したトラブルだと言えるでしょう。

 

伊方発電所 18万7千V送電線からの受電停止について
https://www.yonden.co.jp/press/2019/__icsFiles/afieldfile/2020/01/25/pr009.pdf

伊方原発で一時電源喪失 放射性物質漏れはなし
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所で25日、停電するトラブルがありました。非常用の発電機が作動するなどしたため、放射性物質が漏れるなどの影響はありませんでしたが、四国電力は原因が分かるまで定期検査を中断することにしています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!