新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【物議】小中学校のパソコン設置、1台27万8000円に驚きの声!渋谷区が24億円で ネット「市販なら10万円」


渋谷区がIT技術を高めるために24億7200万円を投じて、小中学校にパソコンを設置したというニュースが物議を醸しています。

これは渋谷区が「1人1台」を実現するとして開始された政策で、単純に1台あたりの費用だと27万8000円。使われるパソコンは富士通の「ARROWS Tab」と発表されており、市販の価格と比べて2~3倍に跳ね上がっていました。

このニュースにネット上では驚きの声が相次ぎ、「何処にそんなお金が使われているんだ!」「スペックがショボいのにおかしい」「税金の無駄遣い」などと批判の声が殺到しています。

実際に渋谷区が発表している資料を見てみると、まず最初に目に入ってくるのは防水・防塵設計の文字。どうやら、プール付近で使うことも考えているようで、かなり特殊なモデル契約となっているようです。
マイクロソフトのOfficeはもちろん導入済みの上で、有害サイトの閲覧制限オプション、オンライン学習機能のスタディサプリなどが盛り込まれていました。

つまり、本体価格は10万円程度なのですが、それに大量のオプションを乗せまくったことで、通常の数倍に値段が跳ね上がったのだと思われます。

安倍政権も渋谷区と同じような政策を全国規模で行うとしていることから、この高額パソコンを見ると、色々な意味で不安が残ると言えるでしょう。

 

渋谷区ICT教育システム「渋谷区モデル」導入について
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/assets/edu/edu_torikumi_pdf_icthuzokusiryo.pdf

1台27万円? 小中学校に「PCを1人1台」で膨れ上がる予算
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200128-00000011-pseven-soci

 1月20日に召集された通常国会では、IRを巡る汚職事件の追及などに注目が集まるが、見逃せないのが政府の経済対策の中身だ。目玉のひとつが、小中学生がパソコンを1人1台使えるようにする「GIGAスクール構想」である。これに4000億円もの巨費が投じられようとしている。

まず小学5、6年と中学1年の全児童・生徒の約400万人分を教室に配備し、無線LAN環境を整える。さらに3年で小中の全学年で「1人1台」を実現する方針で、手始めに2019年度補正予算に2318億円を計上した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!