新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

厚生労働省「デマに惑わされず、国民の皆様は冷静なご対応を。ウイルスが悪い」⇒国民から批判殺到!


厚生労働省が新型コロナウイルスに関する異例の注意を喚起を行いました。

2月1日の記者会見で厚生労働省は「不安に感じることは当然あると思うが、国民の皆さまにおかれましては正しい情報に基づいて、正しく恐れていただくことが重要。私どもも不十分かと思うが、速やかに分かりやすい情報発信に努めていきたい。是非、そういったデマに惑わされることのないよう、冷静に対応頂きたい」と述べ、国民にデマの拡散を止めるように呼び掛けています。

また、ネット上では中国人への人権侵害に繋がるような書き込みが見られるとして、「決して人が悪いわけではなく、ウイルスが悪い。引き続き感染拡大防止に引き続きしっかり取り組んでいく」とも言及していました。

厚生労働省がこのようなメッセージを国民に送るのは異例で、それだけ新型コロナウイルスで国民の反発が強いことを感じ取っているのだと思われます。

一方で、国民からは

「厚生労働省が遅いのが原因だろうが!」
「原因を作った奴が何を言うのか」
「政府が遅いから憶測が飛び交っただけ」

などと怒りの声が相次ぎ、厚生労働省のメッセージに疑問を投げ掛ける意見が相次いでいました。

実際に日本政府の対応は諸外国と比べても遅く、WHO(世界保健機関)が非常事態宣言を発表するまで、最低限の水際対策しかしていなかったのが現状です。厚生労働省の声明は国民に責任転嫁しているとも言え、色々な意味で内容がおかしいと感じられます。

 

厚労省が国民に異例の訴え「デマを信じず、正しく恐れて」 中国人などへの誹謗中傷には「人ではなく、ウイルスが悪い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00010023-abema-soci

さらに厚労省の担当者は会見の中で、現在SNSなどを中心に出回っているデマについても次のように言及した。
「残念なことにデマが出回っている。重症患者さんがたくさんいるや、重症患者さんが病院を逃げ出して観光地に行ってウイルスをまき散らしているなど、SNSなどでのデマがあると聞いている。よくわからないウイルスであるということもあって、不安に感じることは当然あると思うが、国民の皆さまにおかれましては正しい情報に基づいて、正しく恐れていただくことが重要。私どもも不十分かと思うが、速やかに分かりやすい情報発信に努めていきたい。是非、そういったデマに惑わされることのないよう、冷静に対応頂きたい」

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!