新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

官邸介入で高検検事長の定年延長!次の検事総長に起用か 「安倍政権の検察を支配下に」「明確な脱法行為」

*官邸
2020年2月7日に定年で退官となる予定だった東京高検の黒川弘務検事長(62)の勤務を延長すると政府が決定し、野党が猛反発しています。

これは政府が1月31日に閣議決定した人事案で、黒川弘務検事長の定年を2月7日から8月まで延長。検察トップの検事総長に黒川氏を充てるための措置だと見られ、官邸の介入によって検事長の定年が延長されるのは異例中の異例です。

この措置について立憲民主党の枝野幸男代表は「明確な脱法行為で、官邸が恣意的に人事を動かしてはならない」と述べ、機関の人事に官邸が介入するのは法治国家の破壊行為であると指摘していました。
黒川氏は安倍政権と親しい関係にあることから、官邸側は黒川氏を検察トップである検事総長に就任させることで、検察組織を完全な支配下に置こうとしています。

官邸が禁じ手を使って検察トップを掌握する方向に動いた背景には、IR(カジノ)賄賂や河井夫婦の政治資金疑惑があると言われ、このままだと安倍政権を止める存在が全て消えてしまうことになりそうです。

 

高検検事長の定年延長、官邸介入で「やりすぎでは」の声
https://www.asahi.com/articles/ASN1072SXN10UTIL00S.html

2月7日で定年退官する予定だった東京高検の黒川弘務検事長(62)の定年を8月まで半年ほど延長する異例の人事を政府が31日の閣議で決めた。政府関係者によると、検察トップの検事総長に黒川氏を充てるためとみられ、「異例の手続き」という。

立民 枝野代表 「東京高検検事長勤務延長は明確な脱法行為」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269651000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

東京高等検察庁の検事長の勤務を延長することを政府が決めたことについて、立憲民主党の枝野代表は「明確な脱法行為で、官邸が恣意的に人事を動かしてはならない」と述べ、批判しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!