新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

上海株式市場が暴落、一時的に9%近く下落!中国人民銀は緊急措置で18兆円供給へ 経済損失は16兆円と推計も


2月3日午前10時過ぎから旧正月が終わった中国の上海市場で取引が始まりました。

本日の上海市場は連休中に発生した新型コロナウイルスの影響で売りが圧倒的な優位となり、一時的に9%近くも株価が下落。新型コロナウイルスの感染拡大で経済面への影響が懸念され、あらゆる業種で売りが相次いでいました。

現在は少し落ち着いていますが、それでも相場は非常に不安定な値動きを続けている状態で、新型コロナウイルスの続報によっては急上昇や急落が再び起きることになりそうです。

一方で、中国政府も経済対策に乗り出しており、中国人民銀行(中央銀行)は公開市場操作を通して、18兆7000億円(1兆2000億元)を金融市場に供給すると発表しました。同時に空売り(売り注文から入る取引)を規制するとも発表し、中国政府は必死に株価維持に必要な政策を行っているところです。

新型コロナウイルスによる経済的な損失は大きいと見られ、16兆円を超える損失が発生したとも推計されています。
それだけに大規模な資金供給をすることで経済へのダメージを減らそうとしていますが、原因となっている新型コロナウイルスを止めなければ、この損失額はまだ増えることになりそうです。

 

リアルタイム上海市場
https://nikkei225jp.com/china/

中国 GDP伸び率 大幅に落ち込む 産業損失は16兆円超か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200203/k10012270011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、中国では1月から3月までの第1四半期のGDPの伸び率は前の3か月の6%から4%まで大幅に落ち込むという見方も出ています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!