新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【新型肺炎】WHOが見直し、日本の感染者数86人⇒16人に変更 クルーズ船やチャーター機は特別枠へ

日本における新型コロナウイルスの感染者数が減ることになりました。
今まではクルーズ船やチャーター機の感染者報告も日本での発症数としてカウントしていましたが、WHO(世界保健機関)は日本の要請を受けて、別枠の「その他」に変更して集計すると表明。

報道記事によると、厚生労働省は従来の数字について、「ほとんどが国外や船上で感染した例で国内の実態を正しく反映していない」との認識を示し、86人の感染者数は本来の数字ではないと強調していたとのことです。
86人だと日本は中国に次ぐダントツの多さとなりますが、これが16人になるとタイなどとほぼ同列の水準になります。

どうやら、日本政府は東京オリンピックへの影響を強く懸念しているようで、今後も感染者数は控え目な数字をメインにしてやるとしていました。

 

新型肺炎 クルーズ船感染者、日本ではなく「その他」 日本が働きかけWHO応じる
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020020802000162.html

 感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員らについて、WHOが、日本の感染者数とは別枠の「その他」として集計していることが分かった。

クルーズ船のケースを含めれば日本で見つかった感染者は七日午前で、中国に次いで多い八十六人。政府は「日本で感染が広がっているのではないか」との見方が国内外に広がるのを懸念して、WHOに働き掛けを行っており、WHO側も応じたとみられる。

厚生労働省は、国内で報告された患者について「ほとんどが国外や船上で感染した例で国内の実態を正しく反映していない」との認識だ。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!