新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中国・深センの境界、香港脱出で住民数万人が殺到!深セン市は規制で大通りも人通り無し 新型コロナウイルス

*深セン市
中国の大都市圏の一つである深セン市で、住民らが一斉に香港へ脱出しようと動いて騒然となっています。

2月7日付で香港政府は「8日から隔離対応を行う」と発表し、8日以降から香港に入境した人は2週間の隔離処置となる見通しです。また、深セン市もほぼ同時期に検疫や新型コロナウイルス規制を発表したこともあり、香港系の住民を中心にして、一斉に境界の出入境施設に殺到。
少なくとも数万人が押し寄せたと見られ、大量の荷物を乗せた車両が出入境施設前に長蛇の列を作って並んでいました。

香港当局の隔離政策は違反すれば、最高2万5000香港ドル(約35万円)の罰金及び禁錮6ヶ月が科せられることもあって、その内容に驚いた住民が慌てて押し寄せたと見られています。
深セン市でも規制や検疫強化で人が一気に減っている状態で、普段は大勢の人で賑わっている大通りも静かになっていました。

↓香港に向けて移動する人たち

 

中国の数万人、香港へ殺到 8日の「隔離」前に駆け込み
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00000003-asahi-int

 中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、数万人規模とみられる中国本土で暮らす香港人らが7日、境界の出入境施設に殺到し、香港側に駆け込みで戻った。8日以降、香港に入ると2週間「隔離」され、香港への越境が厳しく制限されるためだ。境界をまたぐ往来は激減するとみられ、一体化を深める地域経済への打撃は必至だ。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!