新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスで株価暴落、NY市場は2日で1911ドル下落!歴代3位の下落幅 日経平均も一時1000円の下げ!


世界中の株価が新型コロナウイルスの影響で暴落しています。

2月25日のニューヨーク株式市場ではダウ平均株価の終値が2日連続で大幅な下落となり、前の日に比べて879ドル44セント安い2万7081ドル36セントで取引を終えました。
24日には1000ドルを超える大暴落があったことから、2日分の下げ幅は合わせて1911ドルとなっています。
この下げ幅は100年以上に及ぶアメリカ株式市場の歴史の中で歴代3位となりました。

また、日本においても26日の日経平均株価は179円22銭下がって、2日の合計下げ幅が1000円を超えています。日本だと日本銀行や年金資金の買い支えが入ったとの情報もあり、アメリカほどの暴落とはなっていません。

暴落が起きた原因は当初の予想以上に新型コロナウイルスの患者が世界に広がっていたからで、ヨーロッパのイタリアでは300人以上の感染者と11人の死亡報告があり、スイスやクロアチア、オーストリアでも感染が広がったことから、一気に売りが売りを呼ぶ展開となりました。

26日時点の全世界における感染者の総数は8万人を超えており、このままだと経済面に深刻な悪影響を及ぼすことになりそうです。

 

NYダウ平均株価 チャート
https://nikkei225jp.com/nasdaq/

日経平均株価 チャート
https://nikkei225jp.com/chart/

NY株価 きょうも870ドル超の大幅値下がり 感染拡大懸念
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200226/k10012301521000.html?utm_int=all_side_business-ranking_001

25日のニューヨーク株式市場は新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から売り注文が広がり、ダウ平均株価は870ドル以上値下がりし、前日に続いて大幅に下落しました。投資家がリスクを避けようという動きを一段と強めていて、アメリカの株価は記録的な下落に直面しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!