新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イタリアで約590万人が感染か 専門家チーム「潜伏は桁違い」「最悪だと世界で4000万人死亡」「閉鎖隔離で効果も」


イギリスの専門家チームであるインペリアル・カレッジ・ロンドンが新型コロナウイルスに関する調査報告や推計値をまとめました。

犠牲者数が世界最多のイタリアについて、既に人口の9.8%ににあたる約590万人が感染しているとまとめ、感染が確認された患者は氷山の一角に過ぎないと指摘。他の国々でも同じだとして、少なくとも公開されている数字の10倍以上の感染者が居ると報告していました。

また、世界各国が何も対応せずに新型コロナウイルスの感染が広がった場合の推計値も発表し、その中で最悪のケースとして死者4000万人が発生する恐れがあると言及しています。
逆に世界各国が迅速な対応で早期の封じ込めに成功した場合の数値も報告しており、今年の死者数は186万人程度に抑えることが出来るとしていました。

都市閉鎖(ロックダウン)のような政策は感染速度を緩やかにする効果があるとして、現時点で外出禁止令などの措置でヨーロッパの死亡者数が6万人ほど減っているとの調査報告をまとめています。

インペリアル・カレッジ・ロンドンはイギリス政府の判断材料の1つになっている専門家チームでもあり、この調査報告は世界各国の新型コロナウイルス対策にも影響を与えることになりそうです。

 

新型コロナ、迅速かつ厳格な措置でも180万人死亡か 英研究
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000014-jij_afp-int

【AFP=時事】英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)は26日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)による死者数は、感染拡大を抑止するための迅速かつ厳格な措置を取ったとしても、今年世界で180万人に達する可能性があるとの研究結果を発表した。

伊で約590万人感染か 専門家チーム 英
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200401-00000015-nnn-int

イギリスの専門家チームは先月30日、新型コロナウイルスの感染が深刻なイタリアでは約590万人が感染しているとの研究結果を公表しました。
「インペリアル・カレッジ・ロンドン」の専門家チームは、ヨーロッパ11か国の死者数などから、実際に感染している人数を推計しました。
それによりますと、世界で最も死者が多いイタリアでは、人口の9.8パーセントにあたる約590万人が感染しているとしています。

Mathematics of life and death: How disease models shape national shutdowns and other pandemic policies
https://www.sciencemag.org/news/2020/03/mathematics-life-and-death-how-disease-models-shape-national-shutdowns-and-other

Jacco Wallinga’s computer simulations are about to face a high-stakes reality check. Wallinga is a mathematician and the chief epidemic modeler at the National Institute for Public Health and the Environment (RIVM), which is advising the Dutch government on what actions, such as closing schools and businesses, will help control the spread of the novel coronavirus in the country.

レポート9 概要
https://www.imperial.ac.uk/mrc-global-infectious-disease-analysis/covid-19/

COVID-19の世界的な影響は大きく、これによる公衆衛生上の脅威は、1918年のH1N1インフルエンザパンデミック以来、呼吸器ウイルスでは最も深刻なものです。ここでは、過去数週間に英国およびその他の国における政策決定に情報を提供した疫学的モデリングの結果を示します。COVID-19ワクチンがない中で、人々の接触機会を減らすことでウイルスの伝播を抑制することを目的とした、多くの公衆衛生対策(いわゆる非薬物的介入)の潜在的な役割を評価します。 ここに示す結果では、以前発表されたマイクロシミュレーションモデルを2か国(英国と米国―特に英国)に適用します。隔離状態でのいずれか1つの介入の効果には限度がある可能性が高く、複数の介入を組み合わせて感染拡大に実質的な影響を与える必要があるという結論に至ります。

次の2つの基本的対策が実行可能です:(a) 緩和:感染拡大を必ずしも停止させないが、遅らせることに焦点を当て、ピーク時の医療需要を低減すると同時に、重篤な疾患のリスクが最も高い人々を感染から保護する。 (b) 抑制:感染拡大を縮小することを目的とし、感染者数を減少させ、その状況を無期限に維持する。それぞれの対策には大きな課題があります。最適な緩和対策(感染疑いのある人の自宅隔離、感染疑いのある人と同世帯の人の自宅隔離、重篤な疾患のリスクが最も高い高齢者などとの社会的距離の確保の組み合わせ)は、ピーク時の医療需要を2/3に低減し、また死亡率を半減すると考えられます。しかし、感染症流行の緩和の結果として、死亡者が数十万人に上り、医療機関(特に集中治療室)の負担が何倍にも増える可能性があります。 これを達成できる国にとっては、抑制対策が優先対策オプションとなります。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!