新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【医療崩壊】対策病床使用率が100%超える!都市圏で病床が満員状態に!ごみ袋をかぶって医師が治療も


新型コロナウイルス対策ダッシュボードが発表している対策病床使用率(参考値)が100%を超えました。

先月末頃から日本全国で病床の使用率が跳ね上がっており、先週には感染者が急増した首都圏で100%近い数値が多発。
そして、全国的に感染者数が増えたことで日本全体の使用率も、遂に100%を突破してしまいました。

特に感染症専用の病床が不足している件は東京都や千葉県、神奈川県、福岡県、大阪府などで、公式発表の病床数の2倍以上も患者が
ほしい」「ごみ袋をかぶって(医師らが)治療している状態だ」と述べ、医療物資の不足も深刻だと明らかにしました。

4月14日の時点で25の都道府県がホテルや施設の確保を進めていますが、場所によっては調整作業に時間が掛かっている状態で、軽症者の本格的な受け入れはまだ先になると見られています。

このまま感染者数が爆発するとホテルも不足する可能性が高く、国がもっと積極的に患者受け入れ施設と医療品の確保を急がなければ、医療どころか日本全体が崩壊してしまうかもしれません。

 

COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/


雨がっぱ買い取り方針 新型コロナの医療現場で防護服不足 大阪
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000062-jij-pol

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!