新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

定年延長法案が審議入り!野党は「検察官人事に内閣が介入」と猛反発!新型コロナに紛れて与党がゴリ押し


4月16日に検察官の定年を延長するための「検察庁法改正案」が衆議院で審議入りしました。
野党側は「検察官人事に内閣が介入」として反発するも、それを与党側が押し切って審議を決めた形です。

この改正案では検察官の定年を段階的に65歳に引き上げると定めており、定年延長を最長で3年まで可能にするとしています。

法案を提出するキッカケとなったのは黒川東京高等検察庁検事長の定年延長を認めた閣議決定で、菅官房長官は「検察庁の業務遂行上の必要性に基づき、引き続き、勤務をさせることとしたものであり、閣議決定を撤回する必要はない」として、法案を改正することで黒川検事長を継続させると強調していました。

これについて野党は内閣府が検察人事に介入したとして猛反発し、弁護士らのグループも「検察の独立性を破壊する危険性がある」と表明。早期に改正案は撤回するべきだとして、衆議院での審議入に強く反対していました。

新型コロナウイルスのドタバタで世論の目が向いていないタイミングでの審議入りということもあって、極めて悪質なやり方だと言えるでしょう。

 

国家公務員や検察官の定年引き上げの法案が審議入り
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012390871000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

国家公務員や検察官の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案が、衆議院で審議入りし、野党側は、検察官の定年延長は検察の人事に内閣が介入することになると批判しました。

こっそりすすむ「検察官の定年延長」に警鐘、弁護士ら「政府からの独立性を破壊する」
https://www.bengo4.com/c_1009/n_11072/

自由法曹団や社会文化法律センターなど、弁護士グループでつくる「改憲問題対策法律家6団体連絡会」は15日、記者会見を開き、法案の改廃を訴えた。新倉修弁護士(国際法律家協会)は「毒のある法案」と問題視。海渡雄一弁護士(社会文化法律センター)は「検察と検察官の政府からの独立性を破壊する危険性がある」と警鐘を鳴らした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!