新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【異例】日銀が無制限緩和、事実上の戦時体制に突入へ!国債購入上限を撤廃!

4月27日に日本銀行は国債の購入上限を無制限に拡大すると決定しました。

今まで国債の購入上限は80兆円となっていましたが、27日の金融政策決定会合で新型コロナウイルスに対応する必要があるとして、国債の購入金額を無制限に変更すると発表。
合わせて社債やCP(コマーシャルペーパー)の購入額を増やし、上限を設けずに様々な支援を実施するとしていました。

国債の無制限緩和は1940年代の太平洋戦争以来だと見られ、事実上の戦時体制に突入した形だと言えるでしょう。

新型コロナウイルスで経済が低迷していることから世界各国が無制限緩和を行っており、日本も遂に国債の上限を無くして、今まで以上の緩和路線に切り替えた形です。
ただ、緩和のやり過ぎは通貨価値の暴落や金利の上昇を誘発する恐れもあることから、慎重にやらなければ経済全体が崩壊することになります。

 

日銀が追加金融緩和 上限なく国債購入 政府の経済対策に連動
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200427/k10012407041000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

日銀は27日、金融政策決定会合を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で経済への影響が一段と深刻になっているとして、追加の金融緩和に踏み切ることを決定しました。当面、国債を上限を設けず買い入れて潤沢な資金を低い金利で供給できるようにすることや、企業の資金繰り支援を強化することが柱で、政策を総動員する姿勢を打ち出しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!