新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相が9月入学に言及!野党からは学費支援要請 「様々な選択肢を検討していきたい」


安倍首相が国会で9月入学について、初めて具体的な言及を行いました。

4月29日の衆議院予算委員会で国民民主党の玉木代表が「9月入学・新学期に移行するのも一案だと思います」と質疑したところ、安倍首相も「大きな変化があるなかにおいて、前広に様々な選択肢を検討していきたい」と答弁。
9月入学を含めた様々な選択を検討しているとして、場合によっては9月入学の実施もあり得ると話していました。

新型コロナウイルスの影響から4月入学の見直しを求める動きが強まっており、全国の知事からも入学時期の変更要請が出ています。

ただ、9月入学に変更するとすれば、様々な業務手続きや就職活動、学業のカリキュラム、教師の配置などを一斉に見直す必要があることから、難しいとして消極的な意見も関係者からは聞こえてきました。
世界水準だと9月入学が多いだけに、入学時期の変更議論がどうなるのか注目したいところです。

 

「9月入学議論より困窮学生への支援を」共産 穀田国対委員長
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200429/k10012410691000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、休校の長期化を受けて入学時期などを9月に変更するよう求める声が出ていることについて、共産党の穀田国会対策委員長は慎重に議論すべきだとしたうえで、生活が厳しい大学生への支援を優先すべきだという考えを示しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!