新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

加藤厚労相「発熱4日間ルールは保健所や国民の誤解」「受診の目安として出しただけ」


新型コロナウイルスのPCR検査で定められている発熱4日間ルールについて、加藤厚労相が驚きの答弁を行いました。

4月29日の参議院予算委員会で立憲民主党の蓮舫議員から「検査ルールを見直すべきではないか」との質問を受けた加藤厚労相は、「これは検査を受ける要件では無くて、受診の診療の目安ということでありまして、37.5℃や4日間を超えるのならば、必ず受診して頂きたいということで出させて頂きました」「37.5℃と倦怠感がある時と誤解もありましたので、そうした誤解があれば、誤解を解消していくための努力をしていかなければいけません」と発言。

あくまでも保健所などの組織が誤解しているだけだとして、政府から強制したルールではないと強調していました。

これに対して蓮舫議員は「誤解じゃあないでしょ!誤解を生んだのは厚労省の説明じゃあないですか」と指摘し、政府にPCR検査の改善を強く要請するも、加藤厚労相は現在進行系で改善中だとして同じような答弁を繰り返すだけ。

一連の発言はネット上でも物議を醸し、「実際にPCR検査を断れた」「いやいや政府から通達があったでしょ」「答弁と現実があべこべ」などと批判の声が殺到していました。

 

↓1時間6分から発熱ルールの議論

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!