新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルス、検査用の試薬が不足気味に!厚生労働省が複数の試薬を使用するように通達


新型コロナウイルスのPCR検査に使う試薬が不足する懸念が浮上しているとして、厚生労働省が各都道府県に複数の試薬を使うように呼び掛けました。

共同通信社によると、厚生労働省は地方衛生研究所などの検査施設に、「特定の試薬に頼らず、複数の試薬を用いて検査できる体制を」などと通達を送り、単体の試薬に頼るのは危険だとして、検査体制を見直すように促したとのことです。
PCR検査の過程で必ず試薬を使う必要があることから、一部の製品に需要が集中すると、検査用の試薬が不足する懸念があると言われています。

試薬は複数のメーカーが生産していますが、検査キットの種類によって試薬も異なることから、厚生労働省が改めて複数の試薬を使える体制を促した形です。
海外だと検査キットとセットで国が大規模な生産を指示しているケースもあり、日本も生産体制の強化が必要になるかもしれません。

 

コロナ感染検査試薬、不足を懸念
https://jp.reuters.com/article/idJP2020050501002064

新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の実施件数が増える中、検査に必要な試薬の需要が一部の製品に集中し、安定して供給できなくなる懸念が出ていることが関係者への取材で5日、分かった。厚生労働省は各都道府県にある地方衛生研究所などの検査施設に対し、特定の試薬に頼らず、複数の試薬を用いて検査できる体制を構築するよう通知した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!