新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

西村担当相がコロナ第二波を懸念!「あちこちで気の緩み」「2週間後に増えてしまう」⇒国民から怒りの声


西村経済再生担当大臣が新型コロナウイルスの第二波が到来する恐れがあるとして、警戒を促すように呼び掛けました。

西村担当相は緊急事態宣言の解除発表後から各地で気の緩みが見られると言及し、16日の記者会見で「ここで気が緩むと新規感染者が増え、解除できなくなる」と発言。再び感染者数が増えてしまうと緊急事態宣言や自粛要請を強化することになるとして、緊急事態宣言を解除した39の県に対しても県をまたぐ移動を避けるように言及していました。

実際に各種データを見てみると、ゴールデンウイーク期間が終わった後から徐々に外出する人が増えており、安倍首相が39の県で緊急事態宣言を解除すると表明してから一気に流れが変わって人が激増しています。
新型コロナウイルスの国内感染者数は減っていますが、あくまでも目に見える範囲の確認だけで、水面下には数十倍の感染者が居ると言われている状態です。

国民からは初動対応で遅れた政府を批判する声が多く、「国民のせいにするな」「補償が不十分なのが悪い!」「生きるために働くしか無い」などと怒りや不満のコメントが殺到していました。
依然としてマスクの配布すら全ての世帯で終わっておらず、切り札の給付金も各地で支給遅れが発生している状態で、あまりにも政府の行動や発言が無責任過ぎると言えるでしょう。

 

「あちこちで気の緩み。宣言解除できなくなる」 西村担当相が懸念、自粛継続要請https://news.livedoor.com/article/detail/18270957/

 西村康稔経済再生担当相は16日の記者会見で、39県で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたことに伴い、残る8都道府県でも人出が増加傾向にあるとして「あちこちで気の緩みが見られ、大変心配している」と引き続き自粛を求めた。「ここで気が緩むと新規感染者が増え、解除できなくなる」と懸念し、39県についても感染防止策の徹底を求めた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!