新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【危険】養老川と神崎川が氾濫!記録的な大豪雨、千葉駅前や各地で冠水状態に!市原市の牛久で257ミリも


記録的な大豪雨によって、千葉県の各地で河川の氾濫や浸水被害が多発しています。
25日17時の時点で氾濫が確認されたのは養老川と神崎川で、養老川は市原市南総地区、神崎川は市原市の草刈地区で水が溢れて市街地に流れ込んでいる状態です。

雨量は千葉県市原市の牛久で12時間あたり257ミリとなり、まるでバケツを引っくり返したような大雨となっています。浸水被害も多発中で、千葉駅前は12時頃に駅が一時的に冠水となりました。
JR佐倉駅や蘇我駅なども浸水状態が続き、現在も車を含めて移動が出来ません。

国道を中心とした道路の冠水被害も多く見られ、場所によっては孤立状態になっていると報告されています。

この大雨は今夜遅くまで続く見通しで、引き続き関東地方や東北地方にお住まいの方は厳重な警戒をしてください。

 

気象庁警戒情報
https://www.jma.go.jp/jma/index.html



千葉県で猛烈な雨 広い範囲で厳重警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012147021000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

低気圧の影響で関東南部を中心に発達した雨雲がかかり、断続的に猛烈な雨が降った千葉県では、わずか半日で1か月分の雨が降る大雨となっていて、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。関東では、台風19号の豪雨による被災地でも洪水などの危険性が高まっているほか、激しい雨の範囲は東北にも広がる見込みで気象庁が警戒を呼びかけています。

千葉県市原市 養老川と神崎川が氾濫
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191025/k10012149381000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

千葉県市原市や市原土木事務所によりますと、大雨によって養老川と神崎川が氾濫したということです。
市などによりますと、
▼養老川は市原市南総地区で、
▼神崎川は市原市の草刈地区で水があふれているということで、
市原市はただちに安全な場所に避難するなど命を守る最善の行動をとるよう呼びかけています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!