新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

麻生太郎財務相の発言が波紋!「日本のコロナ被害が少ないのは民度のレベル」「そう言うと皆絶句する」


麻生太郎財務相の発言が物議を醸しています。

6月4日の参院財政金融委員会で新型コロナウイルス対応に関する質問を受けた麻生太郎財務相は、「お前らだけ薬を持ってるのか、ってよく電話がかかってきた」と明かした上で、「そういった人たちの質問には『お宅とうちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』と言って、みんな絶句して黙るんですけれども」と発言。

海外の要人に「日本国民の民度レベルが違う」などと語り、新型コロナウイルスの犠牲者数は国民の民度が大きな影響を与えていると繰り返していました。

この発言が報道されるとSNSで注目を浴び、野党からも「差別を誘発する発言だ」「日本以外は民度が低いと下に見ている」「不謹慎で絶句するのは当然」というような批判の声が相次ぎ、麻生太郎財務相の発言は不適切だとして批判の声が殺到しています。

今までも問題発言をしている麻生太郎財務相ですが、黒人の人種問題で荒れているタイミングだけに、国としてとてもよろしくない発言だと言えるでしょう。

 

コロナ死者少ないのは「民度が違うから」 麻生太郎氏
https://www.asahi.com/articles/ASN6455CGN64UTFK008.html

さらに、死者数の割合が高い米英仏を例に挙げ、「こういうのは死亡率が一番問題。人口比で100万人当たり日本は7人」と強調。他国の人から「お前らだけ薬を持ってるのか、ってよく電話がかかってきた」と明かし、「そういった人たちの質問には『お宅とうちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』と言って、みんな絶句して黙るんですけれども」と語った。「このところ、その種の電話もなくなりましたから、何となく、これ定着しつつあるんだと思います」との見方も付け加えた。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!