新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

世界の出生率が大幅低下、日本は6000万人に半減予想!23カ国で今世紀末までに人口半減 ワシントン大学


世界の人口が大幅に減少するとの見通しを米ワシントン大学医学校の保健指標評価研究所が発表しました。

研究所によると、世界の出生率は減少傾向が見られるとして、2100年までに世界183カ国で人口を維持するために必要な女性一人あたり2.1人を下回るとのことです。
日本の人口は約1億2800万人から約6000万人程度に減る見通しで、他にもタイやイタリア、スペインなど23カ国の人口は50%以上減ると予想されています。

世界全体のピークは2064年頃の97億人となり、同時に社会全体の高齢化が今まで以上に加速することになるだろうとまとめていました。
人口減少と高齢化が加速することで経済活動が減少する形で、新型コロナウイルス騒動を除いた数値でも世界の先行きはあまり良くない流れとなっています。

特に中国やインドはこれまで人口が激増した反動で一気に生産年齢人口が激減して経済成長が阻まれ、社会全体の維持にも大きな影響が出ることになりそうです。
今の日本で起きている少子高齢化問題が、数十年後に世界規模で起きることになると言えるでしょう。
 

世界人口、50年後に縮小へ 日本は6千万人に半減 米大学予測
https://www.cnn.co.jp/fringe/35156792.html?ref=rss

(CNN) 世界の人口は2064年の97億人をピークとして減少に転じ、21世紀の終わりまでには約88億人に縮小するという予測を、米ワシントン大学医学校の保健指標評価研究所(IHME)がまとめた。女性が教育を受ける機会や避妊の機会が増えることを、その理由として挙げている。

同研究所によると、出生率は2100年までに195カ国のうち183カ国で、その時点の人口を維持するために必要な割合の女性1人当たり2.1人を下回る見通し。

世界の出生率、驚異的な低下 23カ国で今世紀末までに人口半減=米大学予測
https://www.bbc.com/japanese/53413717

出生率の低下により、世界の人口は2064年にピーク(約97億人)を迎えた後、今世紀末には約88億人にまで減少するという予測を、米ワシントン大学の研究チームが発表した。研究者たちは、社会に「仰天するほどの」衝撃をもたらすことになる出生率の低下に対して、世界は準備不足だと指摘している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!