新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アラスカでM7.8の大地震、日本の沿岸でも潮位が変化の恐れ M5クラスの余震も アリューシャン列島


アメリカ地質調査所によると、日本時間の7月22日15時13分ごろにアラスカのアリューシャン列島を震源とするマグニチュード7.8の大きな地震が発生したとのことです。

この地震の影響で0.15メートルの津波を観測しており、日本においても「多少の潮位の変化があるかもしれない」「日本では津波被害の心配はない」として気象庁が情報を発表しています。
震源が深かったことに加えて、人口密集地ではない場所だったことから大きな被害の報告はありませんが、アラスカの広い範囲で「揺れた」との声がSNS上に投稿されていました。

現在進行系でマグニチュード5前後の余震が多発していることから、引き続きアリューシャン列島の地震活動には警戒が必要です。

 

アメリカ地質調査所 アリューシャン列島地震
https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/eventpage/us7000asvb/dyfi/intensity

リアルタイム地震地図
http://ds.iris.edu/sm2/index.phtml

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!