新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【異例】アメリカ大統領選挙、トランプ氏が延期示唆!「史上最も不正確な大統領選」


アメリカのトランプ大統領が大統領選挙を延期する可能性があると言及しました。

7月30日にトランプ大統領は自身のツイッターで郵便投票に懸念を表明した上で、「2020年は史上最も不正確で不正な大統領選になる。米国にとって大きな恥だ」「人々が適切に、安全に、安心して投票できるようになるまで選挙を遅らせるか?」とコメント。
新型コロナウイルス対策として行われる郵便投票が不正確でリスクがあるとして、しばらく大統領選を延期することも視野にいれるべきだと主張していました。

この大統領発言は全米各地で波紋を広げており、野党の民主党だけではなく、与党の共和党からも疑問や批判が噴出しています。

更にはホワイトハウスも驚いて動いたようで、ロイター通信は「ホワイトハウスがトランプ氏の選挙陣営に内容を確認」と取り上げていました。
アメリカの大統領選挙は今年の11月3日が投票日と定められ、議会に投票日を決める権限があります。

アメリカにとって一番重要な選挙だけに、トランプ大統領の延期発言は全米で物議を醸しているところです。

 

米大統領選延期に言及、トランプ氏が郵送投票巡り 権限は議会に
https://jp.reuters.com/article/usa-election-trump-idJPKCN24V2FT

[ワシントン 30日 ロイター] – トランプ米大統領は30日、11月に予定されている大統領選を延期する可能性に言及した。ただ、発言が本意かどうかは不明。合衆国憲法では大統領に延期の権限はなく、野党だけでなく身内の与党からも批判が上がった。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!