新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相「感染状況、高い緊張感を持って注視」「(臨時国会よりも)閉会中審査を毎週やっている」


新型コロナウイルスの感染者数が連日の過去最多となっていることについて、安倍晋三首相がコメントを出しました。

安倍首相は官邸の記者会見で、「現在の感染状況、我々、高い緊張感を持って注視しています」と述べ、新型コロナウイルスの感染者数は注目していると強調。徹底検査と感染拡大防止を行っているとして、国も様々な問題に取り組んでいる最中だと言及していました。

また、野党が求めている臨時国会の招集に関しても、「通常国会は先月、閉幕いたしましたが、その後も、ほぼ毎週、閉会中審査を行っておりました」とコメントし、現時点で臨時国会を即座に招集する予定はないとしています。

安倍首相が記者会見を開いた割には目新しい情報や対応策も無く、国民の反発を受けない範囲で無難なコメントを並べただけという印象があるところです。

 

新型コロナウイルス感染症の感染者数増加への対応等についての会見
http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202007/31bura2.html

令和2年7月31日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。
総理は、新型コロナウイルス感染症の感染者数増加への対応について、次のように述べました。

「現在の感染状況、我々、高い緊張感を持って注視しています。まずは、徹底検査です。陽性者の早期発見、そして、早期治療を進めていきます。また、重症化予防も極めて重要であります。リスクの高い基礎疾患のある方、あるいは高齢者の皆さんへの感染を防がなければなりません。そのため、病院や施設での検査を徹底してまいります。また、国が取り組まなければいけないこととして、治療薬、そしてワクチンの開発と確保に努めてまいります。本日も、専門家の皆様から御意見を伺いましたが、地方自治体としっかりと連携を取りながら必要な対応を講じてまいります。」

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!