新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

香港警察が周庭氏や新聞創業者ら8人を逮捕、国家安全維持法違反で外国人も指名手配!無差別逮捕に国際社会は懸念


*BBC
香港当局が国内の活動家やメディア関連の人たちを一斉逮捕しました。

複数の香港メディアやNHKが報道した情報で、中国に批判的な論調で知られる香港新聞の創業者・黎智英(ジミー・ライ・チーイン)氏ら7人を逮捕し、さらに続けて「香港のジャンヌ・ダルク」などと呼ばれていた民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏を逮捕。
いずれも香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で、他にも多数の言論人や活動家を中心に逮捕情報が相次いでいます。

また、香港国家安全維持法の範囲は香港国内だけに収まらず、香港警察は国外で暮らしている香港出身の民主活動家ら6人を指名手配しました。
国外の人たちにも国家安全維持法が適応されたことに世界が驚き、西側諸国を中心に香港への抗議や反発が高まっているのが現状です。

特にアメリカは香港やそれを支援している中国政府への圧力を強め、米中対立が激化する気配が高まっています。
日本においても他人事ではない問題で、遠くない将来に中国かアメリカかの選択を迫られることになりそうです。

 

周庭氏を逮捕 民主活動家、国安法違反容疑で香港警察
https://mainichi.jp/articles/20200810/k00/00m/030/275000c

複数の香港メディアによると、香港警察は10日、著名な民主活動家、周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(23)を香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で逮捕した。
周氏は得意の日本語も駆使し、香港民主派への支持を国際社会に呼びかけてきた。【香港・福岡静哉】

香港の警察 新聞創業者ら7人を逮捕 国家安全維持法違反の容疑
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200810/k10012560691000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

香港の警察は、中国に批判的な論調で知られる香港の新聞の創業者ら7人を香港国家安全維持法に違反した疑いで逮捕しました。香港国家安全維持法の施行後、外国とつながりのある人や著名な活動家らへの締めつけがいっそう強まっています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!