新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナの第二波、弱毒化は無し 政府会合で国立感染症研究所が報告!「致死率は高齢者で25.9%」


*国立感染症研究所
8月24日に政府の専門家会合が行われ、そこで国立感染症研究所が新型コロナウイルスの第二波に関する詳細な分析データを発表しました。

NHKの記事によると、国立感染症研究所は今年5月までの第一波と6月以降の第二波でデータを分割し、第一波の死亡率が6%だったのに対して、第二波が4.7%に減少したと報告。
総数では第二波の方が死亡率は下がっていましたが、検査数の増加から死亡率の低い若い世代の割合が増えているため、70歳以上の高齢者に限定した数値だと、第1波が25.1%、第2波が25.9%に跳ね上がっていました。

男性は女性に比べてリスクが2.8倍になっており、高尿酸血症や糖尿病のような基礎疾患がある方は死亡率が2倍以上に急上昇しています。
特に高齢な男性の死亡率が顕著に高く、引き続き新型コロナウイルスは警戒が必要だとまとめられていました。

世界各国の医療機関や政府当局が発表しているデータもほぼ同じ傾向で、若い世代でも基礎疾患があると死亡率が高くなり、基礎疾患が無くても高齢者だと重篤化するリスクが高いです。
高齢者で基礎疾患があると死亡率が極めて高くなることから、このようなリスクの高い人を中心に感染症予防を強化することが重要になるかもしれません。

 

新型コロナ第2波の流行 感染状況の最新データが明らかに
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200824/k10012581161000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

新型コロナウイルス対策について厚生労働省に助言する専門家の会合が開かれ、これまでに亡くなった人や重症になった人たちの分析などが報告されました。第1波の流行と比べて現在の流行では、亡くなった人の数は少ないものの高齢の人の致死率はほとんど変わっていないということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!