新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

家賃支援給付金、申請数が45万件に!給付完了は11万件だけ 経済産業省が人員を1000人追加へ


*経済産業省
新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業や個人事業主の家賃支援を行うための「家賃支援給付金」に申し込みが殺到しています。

NHKによると、今年9月9日の時点で45万件の申請件数があり、実際に給付作業を完了したのは11万件だけに留まっているとのことです。
給付作業が遅れている原因は経済産業省の人手不足で、家賃支援給付金は審査に必要な提出書類が多いことから、審査待ち状態となっている事業者が多発。

経済産業省は追加の人員を来月から1000人増やすとしていますが、依然として給付作業が何時になったら終わるのか目処は立っていません。
海外だとネット上で簡素化された給付金制度も多いだけに、事業者からは手続きの簡略化や迅速な振り込みを求める声が高まっています。

 

家賃支援給付金 手続き迅速化へ審査人員1000人増 経産省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200912/k10012614141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028

新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業などの賃料の負担を軽減する「家賃支援給付金」について、経済産業省は審査にあたる人員を来月から1000人増やすなどして、手続きの迅速化を図ることになりました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!