新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新立憲民主党が役員人事、幹事長は福山哲郎氏 解散総選挙で勝てる見込みは?国民「代わり映えしない」


合流新党として生まれ変わった立憲民主党が新たな役員人事を発表しました。
新党の幹事長は福山哲郎参議院議員となり、政務調査会長には代表選挙で争った泉健太衆議院議員を指名。安住淳衆議院議員が国対委員長で、全体的にかつての民進党幹部らを重宝した形となっています。

このようなメンバーの顔ぶれに国民からは「代わり映えしない」「民主党のまま」「もっと期待感が欲しい」などと不満の声が相次ぎ、各種調査でも立憲民主党への期待感はかなり低い数字が並んでいました。
枝野代表が掲げている政策に時限的な減税が含まれていることを評価する声もありますが、全体として変わってない印象がどうしても強くなっています。

早ければ来月にも行われると言われている解散総選挙ですが、このまま立憲民主党は最大野党として自公に勝てるのかやや疑問があり、現状だと野党共闘でも過半数を取れるかは怪しいところです。

 

立憲民主党 役員人事固まる 幹事長に福山氏 政調会長に泉氏
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200914/k10012616761000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

合流新党の「立憲民主党」の枝野・新代表は、新党の役員人事で、幹事長に、福山哲郎参議院議員を、政務調査会長に、代表選挙を争った泉健太衆議院議員を、国会対策委員長に、安住淳衆議院議員を起用する意向を明らかにしました

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!