新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ソフトバンクも携帯電話料金の引き下げへ 大手3社が値下げ方針に!菅政権の要請で対応


大手携帯電話会社3社が料金引き下げの方向で調整していることが分かりました。

これは複数のメディアが報道した情報で、KDDIとドコモ、それにソフトバンクの3社は菅政権の要請を受け、料金引き下げの検討を開始したとのことです。先日には武田良太総務相が携帯電話会社と意見交換をしており、料金の引き下げ幅などで調整したのだと思われます。

菅政権は数割の引き下げを目指すとしていますが、携帯電話会社からは「1割程度が限界」との声も聞こえ、実際に何処まで引き下げを行えるかは不透明です。

また、携帯電話料金の引き下げはそのまま研究開発費の削減に繋がる恐れもあり、長期的な技術力の低下が懸念されています。

タイミング的にいわゆる解散総選挙を見据えた菅政権の人気取り政策だと推測され、政府が介入する形での料金引き下げには疑問が残るところです。

 

ソフトバンク、携帯料金「真摯に検討」 大手3社が値下げ姿勢
https://news.yahoo.co.jp/articles/9094479d2f5d028040faa8aaa96893345c241b87

[東京 7日 ロイター] – ソフトバンク<9434.T>は7日、菅義偉首相が求める携帯電話料金の引き下げをめぐって「料金については真摯に検討する」との考えを示した。広報担当者が述べた。これにより、NTTドコモ<9437.T>、KDDI<9433.T>を含め、大手3社が値下げ検討の姿勢を示したことになる。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!