新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京・調布で道路が陥没事故、原因は外環道の工事?NEXCO東日本が近隣住民に避難呼び掛け!


*NHK
10月18日に東京都調布市東つつじケ丘2丁目の住宅街で市道が陥没する事故が発生しました。
事故が起きたのは18日の昼過ぎで、幅5メートルの長さ3メートルほどの範囲が崩壊。穴の深さは5メートルほどあり、東日本高速道路(NEXCO東日本)は念の為に周辺住民にも避難するように促していると報じられています。

朝日新聞の記事によると、陥没現場の地下では東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事が行われ、シールド工法を使った掘削工事が進められていたとのことです。
現在は全ての工事が一旦中止となり、NEXCO東日本が有識者会議を開いて原因を調査するとしています。

地図上を見てみると、外環道の工事範囲と事故現場が完全に一致していることから、工事が何らかの要因となった説が有力視されているところです。
広範囲で工事をしているため、周辺のエリアにも影響が出ている恐れがあり、地元にお住まいの方は引き続き続報に注意してください。

 

NEXCO東日本がトンネル工事中止 調布の道路陥没で
https://news.yahoo.co.jp/articles/0ad658fd27c343b75545be34cca89d3f2e9eb12a

東日本高速道路(NEXCO東日本)は18日、東京都調布市東つつじケ丘2丁目の市道で道路が陥没したことを受け、施工中の東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事をいったん中止すると発表した。陥没現場の地下でシールド工法による掘削工事を進めており、同様の工事をすべて見合わせるという

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!