新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスの抗体保有者が減少!6%だった保有率が4.4%に!新型コロナの抗体は数ヶ月程度と調査報告


*BBC
新型コロナウイルスの抗体保有者が時間経過で減少していることが分かりました。

これはイギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンが発表した大規模調査の結果で、BBCは調査結果として6月頃の調査では6%だった抗体の検出率が9月には4.4.%に低下したと報道。
36万人を対象とした大規模調査となっており、抗体の効果は数ヶ月程度で失う可能性が高いとまとめていました。

他にも複数の研究調査で「新型コロナウイルスの抗体は短い」と報告されていることから、新型コロナウイルスに感染して免疫を獲得したとしても長続きすることは期待できないと言えるでしょう。

また、ワクチンに関しても免疫が長続きしない影響で、何度も接種が必要となる恐れがあり、新型コロナウイルスとの戦いが長期化することになるとも発表されています。

 

Covid: Antibodies ‘fall rapidly after infection’
https://www.bbc.com/news/health-54696873

Levels of protective antibodies in people wane “quite rapidly” after coronavirus infection, say researchers.

Antibodies are a key part of our immune defences and stop the virus from getting inside the body’s cells.

The Imperial College London team found the number of people testing positive for antibodies has fallen by 26% between June and September.

They say immunity appears to be fading and there is a risk of catching the virus multiple times.

英調査で市民の新型コロナ抗体保有率低下、社会全体の免疫低下か
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-britain-antibody-idJPKBN27C075

[ロンドン 27日 ロイター] – 英国の研究者が実施した調査で、同国の人口に占める新型コロナウイルスの抗体保有者の比率が夏場に低下したことが分かった。感染後の抵抗力が長続きせず、社会全体の免疫が弱まっている可能性を示唆する結果となった。
英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者は、3月から4月にかけての感染第1波以降の英市民の抗体保有率を追跡した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!