新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

1ヶ月後に東京都で1日1160人感染、最悪のシナリオに警戒感!大曲貴夫センター長「今の増加比が続くと極めて深刻」


*東京都
各地で感染拡大が続いていますが、東京都の新型コロナウイルス感染症モニタリング会議で専門家が最悪のシナリオについて言及しました。

最悪のシナリオを語ってくれたのは国立国際医療研究センターの大曲貴夫センター長で、現在の増加比147.7%がこのまま継続した場合、単純計算で4週間後には新規陽性者数が1日あたり約1160人まで増える恐れがあると指摘。
この数字は東京都だけの感染者数であり、今の感染者増加は急激な感染拡大の予兆かもしれないと強調していました。

実際に欧米諸国だと劇的な勢いで指数関数的に感染者数が爆発していることから、日本も同じように激増する可能性は十分にあり得る話です。

大曲センター長の予測ですら「甘い」と指摘する声があるほどで、まさに日本は感染爆発を最小限に食い止めることが出来るかどうかの分水嶺に立っていると言えるでしょう。

 

東京都で「1日1160人超感染」の危険性…4週間後に予測される“最悪のシナリオ”は防げるのか
https://www.fnn.jp/articles/-/106816

東京都の小池百合子知事は、11日の発言で「過去最多の100名が無症状患者であり、全世代に感染が広がっている」としたが、12日に開かれた都のモニタリング会議では、衝撃的な予測が発表された。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!