新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都がPCR検査拒否に罰金5万円以下を検討 都民ファーストの会が都条例を提案へ


*都議会
都民ファーストの会が新型コロナウイルスのPCR検査について、拒否した人を対象に罰則規定を適応する方向で調整作業を行っています。

9月に行われたパブリックコメントではコロナ関連の罰則規定を求める声が多く、これを受けて都民ファーストの会は濃厚接触者などが保健所から検査を求められた場合、PCRに応じることを義務付ける条例案の提出を12月にも予定しているとのことです。
FNNの報道記事には具体的な罰金として「5万円」というような数字も見られ、都民ファーストの会を中心にして条例の制定に向けて調整が続いています。

ただ、罰則規定に関しては基本的人権に触れる可能性や国の政策との整合性問題があり、報道通りに実現するかは不透明です。
国民の反応も賛否両論で、これからコロナ罰則規定の議論は本格化することになると思われます。

 

東京都新型コロナウイルス感染症対策強化に関する特別措置条例(案)に対する意見募集の中間まとめを公表しました
https://tomin1st.jp/news/archives/1541/

【独自】PCR検査拒否に“罰金”5万円以下も 都条例提案へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/ca7f4ab14ea1600b0a48960a7798a26141d6dd2f

保健所が検査を求めても、数日間隔離されたり、仕事に支障を来すおそれがあるなどから、検査を受けない人がいて問題になっていることを受けたもので、条例案では、検査を求められた人が、2日以内に検査を受けなかった場合、罰則として、5万円以下の過料を科すとしている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!