新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京・神奈川・千葉・埼玉で病床使用率100%超える!首都圏のほぼ全域で医療危機!医師「肺炎でも入院先が無い」「もう医療崩壊」


新型コロナウイルスの感染者急増で病床使用率が危機的な水準まで跳ね上がっています。

1月3日の時点で東京都と神奈川県、それに埼玉県、千葉県の首都圏エリアで100%を突破し、他にも愛知県や大阪府も100%に到達。
首都圏はほぼ医療機関がパンク状態になったと言え、場所によっては病床使用率が150%付近まで上昇していました。

重症患者数でも高止まり状態が続き、2020年春の緊急事態宣言時と比べて1.5倍以上の数に増加しています。

現場の医師や看護師からは「コロナ陽性から数日経って、苦しくなりCTとったら肺炎あるので入院を強くお願いしても入れる場所がなく、探しているなんてありえない」「すぐ、緊急事態宣言ださないとだめ」「テレビは危機感を伝えてない」「病院のICUはパンク状態です。転院先が見つからず、亡くなった方もおります」というような声が相次ぎ、事実上の医療崩壊が発生していると訴えていました。

現時点で菅首相は緊急事態宣言の発令を否定していますが、もはやそんなことも言ってられないほどに状況は切迫しています。

 

新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/

全国の重症患者数
https://crisis.ecmonet.jp/

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!