新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

首相動静から「会食」の文字が消える!「打ち合わせ」に記載変更、ステーキ会食批判から見直しか


*官邸
首相動静から「会食」の文字が削除され、「打ち合わせ」に変更されていたことが分かりました。

会食が消えたのは今月に入ってからで、今までは「会食」と書いてあった部分が「打ち合わせ」に置き換わっており、1月7日からの首相動静では完全に削除されています。
先月に菅首相のステーキ会食が批判を浴びていましたが、その辺りからメディアの論調が変わっていたように見られ、批判を避けるために首相動静から「会食」の二文字を削除した可能性が高そうです。

ネット上の反応を見てみると、

「打ち合わせならばオンラインで良いのでは?」
「まさに忖度」
「それなら官邸でできるはず」
「国民が馬鹿にされている」

というような声が多く、自分たちだけ特別扱いにしているとして炎上していました。

 

首相動静(1月7日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010700315&g=pol

午前6時42分、東京・赤坂の衆院議員宿舎発。同45分、官邸着。官邸の敷地内を散歩。
午前7時22分、官邸発。
午前7時24分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内のレストラン「ORIGAMI」で秘書官と打ち合わせ。
午前8時23分、同ホテル発。
午前8時26分、官邸着。

会食→打ち合わせ表記に…菅首相はそれでも血税で毎日朝食
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/283587

 確かに「首相動静」を確認すると、例えば昨年12月末の朝も、村井嘉浩宮城県知事、湯崎英彦広島県知事、鈴木康友浜松市長と朝から「ORIGAMI」で「会食」とある。自分が連日、会食しながら、飲食店が感染源というのは矛盾しているだろう。だからなのか、その「会食」の表記が“変わった”のは、自民党の二階幹事長らとのステーキ会食に批判が高まり始めた頃だ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!